安全対策をしっかりしよう

自転車に乗る際に1番大切なのが安全対策です。つまり事故を起こさないようにするということです。万が一事故に巻き込まれでもすれば大怪我をしてしまう可能性がありますし、最悪命を落としてしまうことだってあるのです。単独でこけただけでも車上にこけてしまえば車にはねられてしまう可能性だってあります。ですから、自転車に乗る際は安全に1番気をつけなければならないのです。

では、自転車で交通事故に遭わないために気をつけなければならないことは何か?スピードを出しすぎずに安全運転すること、まわりをしっかり見ること色々とありますが、イライラしないということがとても大切です。どういうこと?と思う方も多いかと思いますが、自転車に乗っているとイライラすることって思いのほか多かったりするんですよね。

例えばマナーの悪い車に遭遇した時などです。ウインカーを出さずにいきなり曲がってくる車、横スレスレを通ってくる車、むやみやたらにクラクションを鳴らしてくる車などなど。こういうことをされると結構イライラしてしまうのですが、ここで腹を立ててしまうと事故に繋がりやすくなってしまいます。自動車と自転車だと圧倒的に自動車の方が強いですし、残念なことにドライバーの多くは自転車が車道を走らなければならないことを知らないのです。そのため、自転車のくせに車道を走って邪魔だ!と感じている方も多いと思います。

イライラしていると運転も荒くなりますし、周りも見えなくなってしまいますので、自分の身を守るために落ち着いて冷静に安全運転を心がけるようにしましょう。とにかく安全が1番大切です。

繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧