自転車とは?

自転車についてあまり深く考えたことはないと思いますが、自転車というのは道路交通法では「車両」の中の「軽車両」とされています。歩行補助車などは除いてペダルなどを用いて人の力によって運転する二輪以上の車と定義されています。

1810年代にドイツのダイスという人物によって発明されたと言われていて、自転車の歴史はとても古いです。1番最初の自転車はペダルを使わずに地面を直接蹴って進むように出来ていたようです。そんな自転車がどんどん開発されて良いものに変わり、今のような自転車になりました。

自転車も安全に乗らないと大きな事故に繋がる危険な可能性がありますので、安全に乗ることが出来るように頻繁に点検しておくことが大切です。自転車の各部分がきちんと機能しているか、日頃から点検しておくようにしましょう。点検しておく必要がある主な部分は以下の通りです。

・サドル
サドルが曲がっていないかどうか確認してください。自転車にまたがりハンドルを持った時に両足きちんと地面について、上体が少し前に傾くぐらいが1番良いサドルの高さだと言われています。

・ブレーキ
ブレーキが効かないととても危ないですので、ブレーキがしっかり効くかを確認することはとても大切です。前輪、後輪を別々にかけて、ブレーキのきき具合を確認するようにしましょう。

・タイヤ
空気がしっかり入っているかどうか、磨り減っていないかどうか確認してください。空気が少なかったり、タイヤが磨り減っていたりするとパンクしやすくなります。

・ライト
割れていたりしないか、後ろや横からも良く見えるかどうか、そしてきちんとつくかどうかを確認するようにしましょう。

繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧