自転車に乗る時のルール

自転車というのは免許がなくても乗ることが出来ますが、自転車に乗るときも当然ルールやマナーがあります。自分勝手でめちゃくちゃな走りをしていると歩行者の方やドライバーの方の迷惑になるのはもちろん、交通事故を引き起こす原因になりますので、マナーを守って乗らなければなりません。必要最低限のマナーは必ず守るようにしましょう。では、自転車を安全に快適に乗るためのマナーを紹介します。

・自転車は車道の左側を走る
自転車は道路交通法では「軽車両」に分類されていますので、自動車と同じく自転車は車道を走るのが正しい走り方です。特別な標識がある場合は歩道を走っても良いですが、それ意外は車道の左側の端を走るのが正しいです。

歩行者は基本右側を歩きますが、左側を歩いている人も当然いますし、歩いていても急に止まったり、方向転換したり色々な動きをしますので、自転車で歩道を走っていて歩いている人に思わぬ動きをされると対応することが出来ず、ぶつかってしまったりしてしまう可能性があります。歩行者に怪我をさせないためにも基本は車道の左側を走るようにしてください。

中には自転車で車道の右側を走っている人もいますが、これは間違いです。右側を走ると前から車がくるのが見えるので、安心して走れるからという理由からかもしれませんが、車を運転している人からすると自転車で右側を走られるのはとても迷惑です。自転車では左側を走るようにしてください。

車が多かったり、車道を走るのが危ないような道の場合は自転車でも歩道を走らざるを得ないときがあります。日本が自転車専用の道がないので、やむを得ません。どうしても歩道を走らなければならないときはスピードを出来るだけ落としてください。1番良いのは自転車からおりて歩くことですが、通勤のときなど時間がない時はなかなかそうもいかないと思いますので、歩行者に当たらないように気をつけるようにしましょう。

繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧