自転車のフレーム

自転車はフレームも様々な種類があります。実はフレームは自転車の性能を大きく左右するとても重要なパーツなのです。自転車が重いか軽いか、快適に走るか、頑丈かなど多くの部分の性能がフレームによって決まります。では、以下に主なフレームの種類と特徴を紹介したいと思います。

・カーボンフレーム
炭素でできた繊維をシートで重ねて、それを樹脂で固めて作った素材がカーボンフレームです。カーボンは軽くて振動の吸収性が高いので、優しい素材です。さらに強度も強く、錆びることもありませんので、フレームの中でもとても質の高い素材であると言えます。ただし、その分価格が高いという欠点があります。ここ数年でだいぶと価格も安くなりましたが、それでもやはり他のフレームに比べると少し値段は高くなります。また、初心者向けのスポーツ自転車ではカーボンフレームはありませんので、カーボンフレームは中級者向けの素材であると言えます。

・アルミフレーム
アルミの合金でできたフレームです。強度が高いのに軽いフレームです。アルミフレームと言ってもピンキリで様々な種類がありますが、現在1番用いられている素材であると言えるでしょう。初心者向けであれば低価格で販売されていますが、上級者向けのものは高額になります。しかし、高級品というだけあって軽くて剛性がとても高いです。

・スチールフレーム
鉄合金で出来ているフレームです。他のフレームに比べる重いので、現在はあまり使われなくなってきていますがフレームの中で1番歴史が古いと言われているフレームです。そのため、自転車ファンの方には人気のある素材です。スチールフレームはパイプ径が補足、フレームがとても繊細でクラシックで独特な見た目ですので、そのようなことも自転車ファンから人気が高い理由の1つでしょう。

・チタンフレーム
もともとチタンはアルミより重いのですが、引っ張りの強度が高いのでフレームにするとアルミフレームよりも軽量につくることが可能です。そのため、しなやかな乗り心地にありますので、昔から人気の高いフレームの1つです。ですが、チタンは高価で、それほど多くの人が利用するフレームではありませんので、チタンフレームをつくる会社はあまりありません。

繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧