自転車の種類

一口に自転車と言っても様々な種類があります。その中でも大きくシティサイクルタイプとスポーツサイクルタイプとの2種類に分けることができます。

まずシティサイクルは良く言われるママチャリと言われるお馴染みの自転車からスポーティなタイプ、コンパクトなミニベロタイプなどがあります。一方スポーツサイクルタイプは名前から想像出来るようにオンローでスピード走行を目的としたロードバイクは山道を楽しむことが出来るマウンテンバイク、長距離などにも最適なクロスバイクなどがスポーツサイクルタイプになります。

種類によって向いている用途なども違ってきます。例えば通勤に使用するのであれば快適に走ることできるスピード性と安全性の2つを兼ね備えているクロスバイクがおすすめですし、ツーリングを楽しみたいのであれば軽量で走りやすいロードバイクがおすすめです。小さなお子さんがいて、のせる場合はママチャリと言われているシティサイクルが1番良いです。

自分に合う自転車の選び方というのは用途やシーンによって違ってきます。以下に電車の種類を詳しく紹介しますので、自分に合う自転車選びの参考にしてください。

【シティサイクルタイプ】
・ミニベロ(小径車)
ミニというのは小さいという意味ですが、ベロというのはフランス語で自転車という意味で、ミニベロは車輪の呼び径が20型以下の自転車のことをいいます。小さいのでスピードはあまり出ませんが、折りたたみのタイプも多いのでトランクへ収納したりも出来ますし、公共交通機関へ持ち込むことも出来るので移動の際はとても便利です。

・電動アシスト(補助)自転車
電動という名前からもわかるように自転車に蓄電池の電力が取り付けられているので、これを作動させることで人力の補助を行ってくれます。発進したときや坂道を登るときなどにモーターが回り補助してくれ、平坦な道ではモーターのスイッチが切れるようになっています。坂道が多いところに住んでいる方や脚力が弱い方におすすめです。

・ビーチクルーザー
アメリカで作られた街乗りようのおしゃれな自転車です。アメリカで作られたというだけのことはあり、海外沿いを走るというコンセプトでデザインされていてとてもかわいくおしゃれな見た目が特徴です。見た目が良いというだけでなく、長く走っても疲れないという魅力もあります。

【スポーツサイクルタイプ】
・ロードバイク
舗装道路を高速で走るために設計された自転車です。そのため、レースなどで良く使用されます。重量がとても軽くタイヤの幅が細いのが特徴です。高速で走ることを目的にしているので、スタンドやチェーンケースなどは基本ついていません。早く走れることからロードバイクを通勤に使用する方も多いです。

・マウンテンバイク
山道や砂利道などのオフロードをスムーズに走るために作られた自転車でタイヤが太いのが特徴です。基本はスポーツをするとき用に使用する自転車ですが、見た目がワイルドでかっこいいことから街乗りにマウンテンバイクを使用方も多いです。

・クロスバイク
クロスバイクは上記にて紹介したロードバイクとマウンテンバイクの長所を足したような自転車です。マウンテンバイクよりは軽く走ることができますので、街乗りやサイクリングなど色々な用途に使えます。値段も比較的安いので手に入れやすいですよ。

・BMX
BMXというのはバイシクルモトクロスバイクの略で、モトクロスを自転車で行うバイシクルモトクロスのために作られた自転車です。競技用に使用されることがほとんどなのですが、見た目の良さからファッションとして若者に人気の高い自転車の1つです。

【その他自転車】
その他シティサイクルタイプ、スポーツサイクルタイプに分類されない自転車を紹介します。

・子供用自転車
5歳〜12歳前後の子供ように作られた自転車です。子供用と言ってもマウンテンバイク、クロスバイクなど様々な車種があり、デザイン面も大人用の自転車と比べて引けをとりません。

・幼児用自転車
名前の通り幼児向けに作られた自転車です。補助輪がついている三輪車タイプや地面を蹴って進むバランスタイプなどがあります。自転車に乗ったことがない小さな子供さんに最適な自転車です。

繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧