雨の日は気をつけて

自転車に乗る際に気をつけなければならないことは色々とありますが、特に気をつけなければならないのは雨の日です。雨に降られながら自転車に乗るのって辛いですよね。雨があまりにもひどい時は自転車に乗るのをやめるのが1番良いですが、そういうわけにはいかないこともあると思います。雨の強い日にどうしても自転車に乗らなければならないという場合はまず安全を確保するようにしましょう。

雨の日は視界も悪くなりますし、地面も滑りやすくなっています。ですから、いつもよりゆっくり走るようにして出来れば帽子などをかぶって視界が見えるようにしてください。雨の日は暗いので、昼間であってもライトをつけるようにしてドライバーによく見えるようにしましょう。

雨の日に傘をさしながら自転車を運転するのは道路交通法違反になります。傘をさすことの出来る商品などを購入して装備するか、レインコートを着るようにして両手はハンドルをしっかり握れるようにしてください。1番良いのは自転車専用のレインウェアを着ることです。自転車専用のため後ろの裾が長くなっていて自転車をこいでも雨に濡れないようになっています。

また、自転車というのは雨に濡れるとチェーンが錆びやすくなります。チェーンがさびると突然きれたりして大変なことになってしまいます。ですから、目的地に到着したら雨を拭き取るようにしてください。出来ることならその際に注油をすると尚更良いです。

繝壹・繧ク縺ョ繝医ャ繝励∈謌サ繧